ファッションアイテム

袖口をおしゃれに見せる|カフスボタンの選び方を知っておこう

袖口を飾るアクセサリー

男の人

シャツの形状に注意する

カフスは、男性のおしゃれの一つです。カフスは、ジャケットや背広の袖口からのぞくワイシャツを飾る装飾品です。カフスの起源は、17世紀のフランスとされています。当時は、袖口をレースやリボンなどで飾っていましたが、その後、ゴールドやシルバーの装飾品で飾るように変化していきました。カフスボタンを袖口に着用する場合には、ダブルやコンバーチブルの形状のシャツにする必要があります。カフスの種類は、袖口の留め金の形状によって、区別されています。カフスにスウィヴル式型、鎖型、ゴム型などの形状があります。最も一般的なものは、スウィヴル式です。スウィヴル式では、T字型の留め金やばね式のものを袖口に通した後に、留め金を起こすものです。ワイシャツの中には、袖口に穴が開いたものが多数あります。カフスを着用する際には、ワイシャツの袖口の形状に注意す必要があります。ワイシャツの袖口には、コンバーチブル、ダブル、ターンナップ、シングル、ターンナップ、テニスなどの形状のものがあります。基本的に、袖口に穴が空いている場合には、カフスボタン等を付けることができます。カフスボタンを着用する際には、表と裏に注意する必要があります。表の位置は、腕の外側でなく、腕の内側が表側になるように注意する必要があります。また、ボタンを付けたシャツを着用する場合には、通常よりも袖口を長く出すことがオシャレの秘訣です。パーティや各種のセレモニーなどへの出席の際にも、カフスは有効なアクセサリーの一つとなっています。

ペンダント

ネックレスの豆知識

アクセサリーの中でもペンダントはとてもポピュラーでおなじみの存在です。バリエーションも豊富なためにその時々に合わせてデザインを選ぶことも可能で、今も昔も多くの人々から愛され続けていて人気もあるアクセサリーです。

アクセサリー

アクセサリーの扱い方

シルバーネックレスは、その優しい輝きが魅力です。しかしシルバーは黒ずみやすいため、日ごろから、使ったら柔らかい布で拭いてお手入れしておきましょう。すでに黒ずんでしまったシルバーネックレスは、特に石がついていないものなら、重曹とアルミホイルを使ったお手入れで綺麗にできます。

腕時計

長く使用するには

IWCの時計を長く使用するには、振動や衝撃に気を付ける必要があります。また温度や日付調整のタイミングにも注意が必要です。保管方法で気を付けることは、磁気の発生する機器の近くを避けることが挙げられます。またカビの発生を防ぐため、湿気の少ないところで保管すると良いでしょう。